home

訪問者数

プロフィール

みちよさん

Author:みちよさん


愛媛在住のドイツゲーム
好き主婦(笑)
ドイツゲームテーブル
(DGT)の案内人
として
息子(高2と中2)達と
ドイツゲームを楽しみつつ
様々なドイツゲームの
イベントの企画を
しています!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Open Sesame ! ~ ひらけ ごま! ~ 
ドイツゲームテーブル(DGT)のブログです(^<^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回 ナイトテーブル その2

本日のメインのゲームは・・・
「操り人形」


本日のメインのゲームは・・・

「操り人形」

1113_NT01.jpg
(正面の黒い実体が、テーブルマスターのくっちゃん。
 黒のテーブルマスター って感じですねぇ(笑))

タイトル:操り人形
原題:Ohne Furcht und Adel
会社・出版社:Hans im Gluck
デザイナー:B.Faidutti
プレイ人数:3~7人
対象年齢:10歳以上~
プレイ時間:60分

この間から、やりたい!やりたい!!やりたい!!!
といっていたゲームです。


Tさんは、ご自宅にこのゲームをお持ちとのこと。
ところが、
今ひとつ、ルールを把握できておらず、
「それはおかしい!まちがっとるんやない?」と
家族に突っ込まれ・・・困っている(/_;)と。

じゃぁ、ここで覚えて帰りましょう!となり、
ワタシとheroさんは初挑戦となりました。


@もりもりでのいろいろなゲーム会
「ゲームのルールをしっかり把握して
 おうちで楽しめるようにする。」
そういう目的にもどんどん活用してもらえると
うれしいです!
(宣伝でした!(大笑))



くっちゃんが提供してくれたのは、
ドイツ語版(拡張あり)でした(よね?>くっちゃん)

カードの絵が・・・
まぁ、なんともワタシ好み!

うっとり眺めていたら、

ルールが結構・・・複雑?な気も・・・
ルールというか、戦略が・・・?かな?

★キャラクターカードを所定のルールで1枚選ぶ。

★自分の手番でできるのは、以下の3つのアクションのみ。

・コインをとる か 山札から2枚引いて1枚をすてる
・たてものを建てる
・キャラクターの特殊効果をつかう

これで、
だれかが、8コの建物を建てたらゲーム終了で
そのターンまでに、
各自がたてた建物のポイントを計算して、
総合ポイントの高い人の勝ち!となります。

まず、
★どのキャラクターを選ぶか(選ばされるか)?
★キャラクターの特殊効果をどのように行使するか?

が、大きなポイントになります。

自分のことだけでなく、
誰がどのキャラクターになっていて、
どのように特殊効果を行使してくるか?というのを
推理しつつ、
自分の戦略を立てていかねばなりません。

最初の3ターンあたりまでは、
自分が何をしなくてはならないのか、
(何をすれば勝てるのか)
今ひとつわからなかったのですが・・・

こういう時は、
テーブルマスターのくっちゃんの手を
よく見て、よく聞きます。

他のメンバーのターンにも
適切に説明、フォローしてくれますから、
くっちゃんが、
他の人にしているフォローも
聞き逃してはいけません!(笑)

(>ココ、ポイントです!(大笑))

その後は、「なるほど!」と、
脳の中で、ルールがはまった!ので、
楽しく遊ぶことができました。

しかし・・・
このように、ワタクシ
尊敬してやまないテーブルマスターなのですが、
なぜか、かならず、ゲーム中に
ガチンコ対決になる場面が多々でてきます。
なぜなのでしょう?(苦笑)

ゲームの展開は、
heroさんが、順調に建物を7つまで建設。
ところが、あと1つの建物をつくらせまいと
主に、テーブルマスターががんばって
妨害してくれました。
・・・都合、
4ターンこらえたんでしたっけ?

その間に、Tさんと、ワタシが建物を建築。

1113_NT02.jpg

しかし、(手前)ワタシ、最後のターンの前で、まだ6つしか建物が~(泣)↑

右上で7枚並んでいるのがheroさん。

写ってませんが、heroさんの向かいが、
この時点ですでに建物7つ建築済みのTさん。

ワタシの正面がくっちゃん。(くっちゃんも建物6でした)

・・・いや、ぜったいにあきらめないし・・・
(>この気合いが重要)


と、心に誓いつつ、

自分のところに回ってきた
キャラクターカード・オープン!

あ、あったぁ!
1ターンで、
唯一 2つの建物を建てることができる
「建築家」
あとは、
「暗殺者」に殺されないこと・・が大前提なんですけど・・・

間違いなく「暗殺者」をもっているのは、くっちゃんで・・・

この状況で
(この時点ではワタシはおそらく3位)
「建築家」を殺しには、こないよね?こないよね?
そんなカンジワルイことしないよね?
?と
笑顔の裏で必死に「念」をおくりつつ(笑)

見事
・・・殺されませんでしたので・・・

後は、ワタシのカードの引き運しだい。

で、
特殊効果のある紫の建物の効果も助けとなって、
見事、2つ建物を建てることができ、
滑り込みでボーナス点ゲット!

で、

最終的に、

いっちばーん!(^^)/


***********************************************

そのあと、4人でおいしいお茶を飲みながら、

余韻に浸りつつ・・・

今のゲームの展開を語り合い、

お開きにしたのでした。

もう、次が楽しみで、待ち遠しくてたまりませ~ん。

************************************************

ドイツゲームチームの活動は、ナイトテーブルだけではありません。

オトナから子どもまで(逆かな?(笑))

ゲーム初心者からベテランまで

それぞれのレベル、好みに応じたコースがあります。

くっちゃんのブログをごらんください。

お問い合わせは、ワタシまで、お気軽にどうぞ!






タイトル:操り人形
原題:Ohne Furcht und Adel
会社・出版社:Hans im Gluck
デザイナー:B.Faidutti
プレイ人数:3~7人
対象年齢:10歳以上~
プレイ時間:60分

この間から、やりたい!やりたい!!やりたい!!!
といっていたゲームです。

Tさんは、ご自宅にこのゲームをお持ちとのこと。
ところが、
今ひとつ、ルールを把握できておらず、
「それはおかしい!まちがっとるんやない?」と
家族に突っ込まれ・・・困っている(/_;)と。

じゃぁ、ここで覚えて帰りましょう!となり、
ワタシとheroさんは初挑戦となりました。


@もりもりでのいろいろなゲーム会
「ゲームのルールをしっかり把握して
 おうちで楽しめるようにする。」
そういう目的にもどんどん活用してもらえると
うれしいです!
(宣伝でした!(大笑))



くっちゃんが提供してくれたのは、
ドイツ語版(拡張あり)でした(よね?>くっちゃん)

カードの絵が・・・
まぁ、なんともワタシ好み!

うっとり眺めていたら、

ルールが結構・・・複雑?な気も・・・
ルールというか、戦略が・・・?かな?

★キャラクターカードを所定のルールで1枚選ぶ。

★自分の手番でできるのは、以下の3つのアクションのみ。

・コインをとる か 山札から2枚引いて1枚をすてる
・たてものを建てる
・キャラクターの特殊効果をつかう

これで、
だれかが、8コの建物を建てたらゲーム終了で
そのターンまでに、
各自がたてた建物のポイントを計算して、
総合ポイントの高い人の勝ち!となります。

まず、
★どのキャラクターを選ぶか(選ばされるか)?
★キャラクターの特殊効果をどのように行使するか?

が、大きなポイントになります。

自分のことだけでなく、
誰がどのキャラクターになっていて、
どのように特殊効果を行使してくるか?というのを
推理しつつ、
自分の戦略を立てていかねばなりません。

最初の3ターンあたりまでは、
自分が何をしなくてはならないのか、
(何をすれば勝てるのか)
今ひとつわからなかったのですが・・・

こういう時は、
テーブルマスターのくっちゃんの手を
よく見て、よく聞きます。

他のメンバーのターンにも
適切に説明、フォローしてくれますから、
くっちゃんが、
他の人にしているフォローも
聞き逃してはいけません!(笑)

(>ココ、ポイントです!(大笑))

その後は、「なるほど!」と、
脳の中で、ルールがはまった!ので、
楽しく遊ぶことができました。

しかし・・・
このように、ワタクシ
尊敬してやまないテーブルマスターなのですが、
なぜか、かならず、ゲーム中に
ガチンコ対決になる場面が多々でてきます。
なぜなのでしょう?(苦笑)

ゲームの展開は、
heroさんが、順調に建物を7つまで建設。
ところが、あと1つの建物をつくらせまいと
主に、テーブルマスターががんばって
妨害してくれました。
・・・都合、
4ターンこらえたんでしたっけ?

その間に、Tさんと、ワタシが建物を建築。

1113_NT02.jpg

しかし、(手前)ワタシ、最後のターンの前で、まだ6つしか建物が~(泣)↑

右上で7枚並んでいるのがheroさん。

写ってませんが、heroさんの向かいが、
この時点ですでに建物7つ建築済みのTさん。

ワタシの正面がくっちゃん。(くっちゃんも建物6でした)

・・・いや、ぜったいにあきらめないし・・・
(>この気合いが重要)


と、心に誓いつつ、

自分のところに回ってきた
キャラクターカード・オープン!

あ、あったぁ!
1ターンで、
唯一 2つの建物を建てることができる
「建築家」
あとは、
「暗殺者」に殺されないこと・・が大前提なんですけど・・・

間違いなく「暗殺者」をもっているのは、くっちゃんで・・・

この状況で
(この時点ではワタシはおそらく3位)
「建築家」を殺しには、こないよね?こないよね?
そんなカンジワルイことしないよね?
?と
笑顔の裏で必死に「念」をおくりつつ(笑)

見事
・・・殺されませんでしたので・・・

後は、ワタシのカードの引き運しだい。

で、
特殊効果のある紫の建物の効果も助けとなって、
見事、2つ建物を建てることができ、
滑り込みでボーナス点ゲット!

で、

最終的に、

いっちばーん!(^^)/


***********************************************

そのあと、4人でおいしいお茶を飲みながら、

余韻に浸りつつ・・・

今のゲームの展開を語り合い、

お開きにしたのでした。

もう、次が楽しみで、待ち遠しくてたまりませ~ん。

************************************************

ドイツゲームチームの活動は、ナイトテーブルだけではありません。

オトナから子どもまで(逆かな?(笑))

ゲーム初心者からベテランまで

それぞれのレベル、好みに応じたコースがあります。

くっちゃんのブログをごらんください。

お問い合わせは、ワタシまで、お気軽にどうぞ!



テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hirakegoma2011.blog22.fc2.com/tb.php/9-24774f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。