home

訪問者数

プロフィール

みちよさん

Author:みちよさん


愛媛在住のドイツゲーム
好き主婦(笑)
ドイツゲームテーブル
(DGT)の案内人
として
息子(高2と中2)達と
ドイツゲームを楽しみつつ
様々なドイツゲームの
イベントの企画を
しています!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Open Sesame ! ~ ひらけ ごま! ~ 
ドイツゲームテーブル(DGT)のブログです(^<^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりの出張DGでした その2 ケルトカード
  ケルトカード
img56754335.jpg
8歳以上・2~4人
30分程度
ライナー・クニツィア


R6294606.jpg
これはゲーム中盤ですかね・・・ワタシの願いの石がまだ1つですね

我が家が大好きな、クニツィア様作のゲームです!

じ・つ・は、前に1回だけ
長男とマスターと3人で
囲んだことがある作品なのですが、
その時、ワタシ、ボロ負けしまして。
(マスターが一人勝ちしたんですけど)

あとから、恒例の反省会で(苦笑)
「あれはないですよね~?
 あそこでピンクを2列展開してどうするんですか?」
と、
マスターからコメントいただいた(いじめられた)作品です。

それでまぁ、長男もワタシも
マスターにリベンジしたいなぁと リクエストした作品でした。

とにかく、カードの絵柄が本当に美しくて・・・
+ クニツィア様ですから
欲しい作品のひとつです。

ケルトは、ボードもありますから(値段がだいぶん違いますが)
どちらを買おうか迷っていますが(苦笑)

願いの石カード(9枚)を表向きに一列に並べます。
カラーカードをよくシャッフルして
各プレイヤーに手札として8枚ずつ配り、残りを山札とします。

山札がなくなった時、または、
エンドストーンカードが合計5つの列に置かれた場合
(どの色で、どのプレイヤーでもOK)
ゲームは終了し、
最終的に得点の多い人の勝ちとなります。

各色の列ごとにタイルの枚数が多いほど得点が高くなります。
そこにボーナスポイントと、ケルトの願い石の得点を足して集計します。

手番ですることは
*任意の手札を1枚、自分の前に出して並べるか
*いらない手札を1枚捨てて、山札 または 捨て札の1枚をとる か

*願いの石をとるために
 とりたい願いの石と同じ数字カードを2枚捨てて
 願いの石をとり、
 同様に、山札 または 捨て札 から2枚とって手札とします。 
 (取り方は任意。山札から2枚とっても、捨て札から2枚とっても
  山札1+捨て札1でもOK)

 つまり、手札は常に8枚です。

 自分の前に並べるカードは
 昇順か降順かのどちらかを選びます。
 途中で変更はできませんので、手札をよく見て決めなくてはなりません。

 カードの置き方は直前に置かれた数字と同じか、
 それよりも大きい(または小さい)数字しか出せません。

 昇順を選んだ場合は、1→1→3→5→7→7というようになり、
 降順の場合は7→7→5→3→1→1というように置きます。
 エンドストーンカードを置いた列には数字カードは置けなくなります
 エンドストーンカードはあと1枚おくことができます。
 これを順番に繰り返して高得点を目指します。

 グレーの得点カードは、
 得点カードの列として置くか、
 カラーカードの列に置くことができます。
 確実に1点を取るか、
 列を伸ばして高得点を狙うかの分かれ道になります。


 この作品、いかに自分の前になが~い列を作るか!が
 勝負なんですよね。
 なので、他の人と色がかぶらない方が有利な訳ですが・・・
 となりの次男と色がかぶってましたので
 (ちなみに、長男と3人でピンク色がかぶってました)

 長男とマスターに勝てそうな感じではなかったので
 次男にもこの作品を楽しんでもらいたかったので
 次男が並べることのできるピンクカードを捨ててあげて
 次男のアシストに回りました。
 
 で、
 途中、
 マスターが何を思ったのか、列を増やしまして。
 
 長男とワタシ、たぶん同時に
 「なんで?」って思ったんですが・・・

 やはりそれは、珍しく
 マスターのミス!だったようです(笑)

 「僕はそんなに強くないですよ。
  作品を囲んだ経験が豊富だから、ミスがすくないだけですよ」

 と 以前おっしゃってましたが・・

 そのミスが挽回できず、

 3列をなが~く伸ばした長男の圧勝に終わりました!

 Rくん、リベンジおめでとう!

 マスター、やっぱり「ミス」すると勝てないですね。
 よ~くわかりました(大笑)

 

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hirakegoma2011.blog22.fc2.com/tb.php/67-7c494b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。