home

訪問者数

プロフィール

みちよさん

Author:みちよさん


愛媛在住のドイツゲーム
好き主婦(笑)
ドイツゲームテーブル
(DGT)の案内人
として
息子(高2と中2)達と
ドイツゲームを楽しみつつ
様々なドイツゲームの
イベントの企画を
しています!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Open Sesame ! ~ ひらけ ごま! ~ 
ドイツゲームテーブル(DGT)のブログです(^<^)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回 ナイトテーブル(NT)今回は!(笑) その5 フェットナップ
さて、かなり夜も更けてまいりました・・・

そろそろ最後の作品です。

フェットナップ 
記憶とブラフの要素の混じった作品です。

(今 調べていて理解しましたけど
「フェットナップ」って「うんこ踏んじゃった!」ていう意味だったんですね。
 カードの絵柄もよく見てなかったし・・・
 まぁ、日付も変わる時間帯で眠かったということで(苦笑))

このあたりのことは、リンク先に詳しく出ていますので
参照なさってくださいね!

NT08_0326_2011-04.jpg
これは・・・すでにイズッチさんがフェットナップリーチになってますから
かなり島カードの手持ちが増えて混乱しまくり!の終盤の模様ですね。


 最初、緑の島カード1枚 と 青の海カード3枚を手にします。
 せーの!で島カードを全員で一斉にオープンします。
 そして、それぞれの島カードのナンバーを記憶しなければなりません。

 手番がきたら、
 海カードを1枚、数字を宣言して場に出します。
 そして、海カードを1枚、山札から補充します。
 (手札の海カードは常に3枚ということ)
 
 次の人も同様に、海カードを場に出しますが、
 この時、30を超えるまで足し算をし、宣言して出します。

 例えば、
 前の手番の人が 9 を出して
 自分が5を出すなら 9+5=14 となるので
 「14」と宣言しなければなりません。

 この時、誰かが同じ数字の島カードを持っていたら
 「フェットナップ!」といって
 その島カードを見せます。
 
 「フェットナップ!」といわれた人は、
 フェットナップカードを1枚とらなくてはなりません。
 だれかのフェットナップカードが4枚になったところで
 その人が負けで、ゲームは終了です。
 
 自分のもっている島カードと同じ数字であれば
 それは「だまって」だすことができます。

 例えば、
 自分が「20」の島カードを持っている場合、
 ちょうど「20」になるように海カードをだしても
 「フェットナップ!」と自己申告する必要はありません。
 つまり、自分の島カードの数字は、
 自分にとっては安全なフェイクで、
 他の人にとっては、罠=トラップということです。

 海カードには「0」もありますので
 次の人が『あぁ、20はフェットナップ!されないんだな!』と
 トラップに引っかかって
 「0」を出して、
 同じく「20」と宣言した場合
 その人は「フェットナップ!」されることになります(笑)

 このようにして、海カードを場に出していって
 「30」を超えたカードをだした、一つ前の人が
 島カードを1枚とることができます。
 もちろん、島カードは1度、
 表にして見せなければなりません。

 30を超えたら、次は、10より小さくなるまで
 引き算をしていきます。
 
 10より小さくなるカードを出した
 1つ前の人が
 また、新たに島カードを1枚とることができます。

 こうやって、
 どんどん、島カードが増えていくので
 覚えないといけない数字が増え、
 =フェットナップ!になる
 数字が増えていきます。


 もうみなさん、
 かなり眠くなってまして・・・ 
 数字の記憶力が・・・(笑)
 足し算も引き算も危ないし(苦笑)

 ワタシが「30」の島カードを持っていて
 「30!」をフェイクで宣言したとき、

 となりのイズッチさんが
 
 「あれ?30って、だれかもってましたよね?
  絶対だれかもってましたよねぇ?」
といいつつ・・・

 イズッチさん、何を思ったのか
 ゼロの海カードをだして「30」というので、
 
 当然、
 
 「イズッチさん、フェットナップです!」とワタシ。

 「えっ?あれっ??(゜Д゜)」

  そこですかさず
 「イズッチさん、な~にやってるんですか!
  自分で、あれだけ『30』ってあったよねとか
  いっておきながら。」

  と、マスター(笑)

 そう、イズッチさんは
 「30」の男!という伝説を作ってしまったのでした(大笑)
 
 結局・・・
 ワタシとheroさんが1枚。
 マスターが3枚
 イズッチさんが4枚のフェットナップカード!をとってしまい
 作品は終了。

 ここでも、
 
 モーちゃんがフェットナップ!を1枚もとらず勝利

 ちなみに・・・heroさんとワタシのフェットナップ!は
 手持ちの海カードでどうやって
 足し算しても、引き算しても
 フェットナップ!になる数字しかなかったということなので
 ご容赦くださいまし!
 
 ただ、モーちゃんの記憶力抜群でした。
 やはり、若いってちがいます(苦笑)

 そんなこんなで 時は丑三つ時ちかくになっておりまして・・・
 お開きとなりました。


テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hirakegoma2011.blog22.fc2.com/tb.php/64-656fc5d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。